ROBOTIC SYSTEMSロボットシステム開発

ロボットシステム開発のご案内

Design Optimization in Industrial Robotics

3レス

少子高齢化社会に対応するためには生産効率のアップは欠かせません。
私たちはロボットシミュレーションを完全自社開発を完了しました。
またセンサレス力制御についても自社開発を行い様々な低価格アプリケーションを提案いたします。
このソフトウエアは3つのレスを持っています。
1)完全ティーチレス
お客様において面倒なティーチングは一切ありません。
したがって導入後、すぐにグラインダー作業が可能です。
2)完全センサレス
通常、力制御を行う場合、力覚センサ等が必要ですが、独自の制御技術により不要となり
コストダウンが図れます。
3)PLCレス
高価なPLCを無くし、コストダウンしました。
必要な制御は全てPCで行います。

生産効率のアップ
ラフィカルな情報を提供

例えば、グラインダシステムではセンサレス力制御を駆使して完全ティーチレスロボットシステムを構築することができます。
ロボットは自動で研磨面に対して適切な角度かつ適切な力で押し当てすることで、研磨品質を向上させることが可能です。

当社の開発したUIは難しい設定は必要ありません。三明機工株式会社の協力を得てメカ、電気、ソフト全てをシステムインテグレートします。

タッチパネル機能搭載

工業用ソフトウェアで要求されるタッチパネル機能を搭載
しました。ユーザーにおいてはPC操作に必要なマウスや
キーボード操作を必要とせず、直接、画面に触れながら
操作することが可能です。

物理シミュレーション機能追加

ロボットのイナーシャを計算することで、より緻密なシミュレーションも可能となりました

  • 内径グラインダシミュレーション
    大型ケーシング内面などリュータ砥石を持ちながらロボットの姿勢と圧力を自動計算します。
 
  • RRT自動パス生成
    スタート地点とゴール地点がわかると、障害物を避けながら自動的にロボットパスを生成します。
 
     
  • 大型鋳物バルブグラインダーシステム
    大型鋳物のバルブをティーチングレスでグラインドします
  • 自動パス生成機能を使って完全ティーチングレスを実現しました
  • Intel Realsenseカメラを搭載。自動段取り替えを追加しワークサイズの違いによる段取り替えコストをほぼゼロとしました。
 
  • 大型鋳物バルブグラインダーシステム2
    大型鋳物のバルブをティーチングレスでグラインドします
  • 自動パス生成機能を使って完全ティーチングレスを実現しました
  • Intel Realsenseカメラを搭載。自動段取り替えを追加しワークサイズの違いによる段取り替えコストをほぼゼロとしました。
 

物理シミュレーション
・テーブル落下のシミュレーションです
質量や摩擦係数などは適当ですが、概ねシミュレーションできました

   

 

   

お問い合わせ(e-mail):こちら

ページトップへ